電子錠は交換と追加がある【鍵紛失時に電子錠にする場合】

電子錠の取り付け方~交換か追加か~

取り付け方の判断方法

セキュリティのイラスト

鍵紛失をして電子錠を取り付ける際は、既存のカギを電子錠に交換するか、新たに電子錠を追加するかを選ぶことができます。ここでは、どちらにするかの判断基準を紹介します。

交換
電子錠と既存のカギを交換する場合は、カギと取っ手が別になっているかを確認してください。カギと取っ手が一体化しているタイプだと、カギのみを取り外すことができませんので、既存のカギと電子錠を交換することが不可能です。また、カギと取っ手が別のタイプでも、ドア厚やバックセットのスペース、鍵穴の大きさ、室内機や室外機を設置できるスペースの有無などによって、交換できないこともあります。交換できるか確認したい方は、専門の業者に問い合わせてみましょう。
追加
電子錠を新たに追加する場合は、電子錠が設置できるスペースがあるかどうかが重要になります。電子錠の本体の大きさやドアの形状によっては設置できない場合もあります。また、電子錠を設置する場合でもドア厚が関係しています。電子錠に対応しているドア厚なのかを調べてみましょう。各電子錠ごとに対応できるドア厚が違うため、ネットを利用して商品ページを調べてみると良いでしょう。

自宅に取り付ける電子錠は賢く選ぶ

電子錠にはいろんな種類がありますし、住んでいる部屋のドアや、交換するのか追加するのかでも取り付け方は違ってきます。そのため、電子錠を取り付ける際には、ポイントを押さえて賢く選ぶことが重要になってきます。最初に設置する扉が、戸建てか賃貸住宅かを確認します。そして、予算を決めて、電子錠の種類も予め決めておくと良いでしょう。また、自分で設置するのか業者に依頼するのかでも予算は異なってきますので、電子錠の本体価格だけでなく、取り付け工事にかかる費用まで考慮することが大事です。

TOPボタン