鍵紛失を防ぐためには保管場所が重要【分かりやすい場所に保管する】

電子錠にしても価値の保管は大切に

鍵の保管方法

鍵

電子錠を設置してもカギの扱いがずさんだと、再び鍵紛失してしまう可能性があります。電子錠でも停電時は、備え付けのカギがないと開けることができませんから、日頃からしっかりと保管しておきましょう。

下駄箱
カギの保管場所として最適なのは、分かりやすく玄関に近い場所です。そのため、下駄箱の上に保管している家庭も多くあります。帰宅した際や外出する際も、すぐにカギを手にすることができますし、家族全員が把握できる場所なので、下駄箱の上にカギを保管するということは理にかなっているかもしれません。
自室の前
室内のカギを保管する場合は、テーブルの上や床に置きっぱなしにするのは鍵紛失に繋がりますのでやめましょう。カギを目線の高さで保管することが大事ですので、フックなどを利用して目に付きやすい場所に保管しましょう。また、カギ単体で保管する習慣をつけてください。他の小物と一緒に保管すると、ごちゃごちゃしてしましい鍵紛失するケースもあります。

合鍵を作る

鍵紛失をした時に、合鍵があるとドアの解錠は可能です。ですから合鍵を作っておき、マスターキーを大事に保管しておくことが大事になります。しかし、合鍵を沢山作ると鍵紛失しやすい状態を作るだけなので、合鍵は1本だけにしておきましょう。 また、マスターキーと合鍵を同時に持ち歩くことは危険です。鍵紛失をしてしまったら、マスターキーと合鍵を同時に紛失してしまうことになりますので、持ち歩くのは合鍵だけにしてください。

TOPボタン